G2_06_HP_OL画像書き出し用-02.png
 

詳しい遊び方

1. 対戦に使用するもの

▶デッキ

50枚のカードの束です。1プレイヤーにつき、1つのデッキを用意します。

▶ダメージマーカー

ユニットが受けているダメージの量を表します。ユニットの上に乗せて使います。(3000点分程度用意しましょう。)

2. デッキのルール

  • デッキのカード枚数は50枚ちょうどです。

  • 同じ名前かつ同じ種類のカードはデッキに4枚まで入れることができます。

  • ユニットは必ず1枚以上、デッキに入れてください。

3. 対戦のしかた

対戦は先攻プレイヤーのターンからスタートし、勝敗が決まるまで、自分のターンと相手のターンを交互に繰り返します。

4. 勝利条件

  • 相手のエリアのユニットをすべて「KO」させたプレイヤーがゲームに勝利します。

  •  デッキを引く際、引くべき枚数分のカードを引くことができなければ、そのプレイヤーはゲームに敗北し、その対戦相手が勝利します。

カードの見方と種類

vector.png

ユニット

ユニットは、[スキル]を使って相手のユニットを攻撃したり、相手からの攻撃を受けたりするカードです。ユニットごとに、持っている[スキル]やHPなどが違います。

G2_06_HP_OL画像書き出し用-03.png

1

名 前 

・・・・・・・・・・・・・・

カードの名称です。

2

H P

・・・・・・・・・・・・・・・

ユニットの体力です。この数字以上のダメージを受けると「KO」します。

3

属 性

・・・・・・・・・・・・・・

ユニットの属性です。「有利」に影響します。

4

スキル

・・・・・・・・・・・・・・

ユニットやコマンド(強化)が持つ[スキル]です。コストやスキル名、効果テキストが書かれています。

5

有 利

・・・・・・・・・・・・・・

相手のメイン・ユニットが有利属性だった場合、[スキル]のダメージは2倍になります。

6

退却コスト

・・・・・・・・・・・・

ユニットがメイン・エリアからスタンバイ・エリアに[退却]するときに必要なエネルギーの数です。

7

フレーバー

・・・・・・・・・・・・

世界観を表すテキストです(ゲームには直接関係しません)。

8

レアリティ 

・・・・・・・・・・・・

カードの希少性を表します。

9

カードナンバー 

・・・・・・・・・・・

カードの分類番号です。

vector.png

コマンド

コマンドは、さまざまな効果でバトルをサポートしてくれるカードです。

使い方や効果の違いによって、「戦略」、「戦術」、「強化」に分類されます。

​・・・・

戦 略

自分のターンに1枚しか使えません。使ったら捨て場に置きます。

​・・・・

戦 術

自分のターンに何枚でも使えます。使ったら捨て場に置きます。 

​・・・・

強 化

ユニットに[セット]して使います。ユニットが「KO」したら[セット]してあった強化はすべて捨て場に置きます。

自分のターンに何枚でも使えますが、以下の条件のユニットには使用できません。

  • このターンエリアに出たユニット。

  • このターンすでにカードが[セット]されたユニット。

G2_06_HP_OL画像書き出し用-04.png

10

効果

・・・・・・・・・・・・・・

コマンドが持つ効果です。

11

EXスキル

・・・・・・・・・・・・・

コマンド(強化)が持つ特殊な[スキル]です。ユニットに[セット]することで使用できます。

G2_06_HP_OL画像書き出し用-05.png

プレイヤーの行動

対戦の準備

①はじめに「よろしくおねがいします」とあいさつをします。

②お互いのデッキを裏向きのままよくシャッフルして、裏向きのまま「デッキ置き場」に置きます。

③デッキを5枚引き、相手に見えないように手札とします。

④自分の手札からユニット1枚をメイン・エリアに裏向きで出します。

 ※手札にユニットがなかったら、相手に手札をすべて見せ、手札をデッキに戻し、②からやりなおします。

  その場合、相手のプレイヤーはデッキを1枚引くことができます。

⑤じゃんけんをして勝ったプレイヤーが先攻です。

⑥メイン・エリアの裏向きのユニットを表向きにして対戦を開始します。

ターンの流れ

1. ドローフェイズ

①自分のデッキを1枚引きます。

 ※このときデッキがなくて引けないと、ゲームに敗北します。

2. メインフェイズ

以下の5つの行動を、任意の順番で行うことができます。

①1ターンに1度、自分のユニット1体に[チャージ]します。

②自分の手札からユニットを空いているスタンバイ・エリアに出します。

③自分の手札からコマンド(戦略・戦術・強化)を使用します。

④[EXスキル]を使用します。

⑤1ターンに1度、メイン・エリアのユニットを[退却]させます。

 ※回数に制限のない行動は何回でもできます。

 ※お互いの自分の最初のターンは、[セット]はできません。

3. バトルフェイズ

①メイン・ユニットの[スキル]を1つ使用することができます。

 ※先攻1ターン目は[スキル]を使用できません。

 ※エネルギーがコスト分に足りていない[スキル]は、使用できません。

 ※[スキル]を使用した後も、エネルギーはそのまま付けておきます。

 ※[スキル]が使用できない場合や、使用したくない場合は、

  そのまま「バトルフェイズ」を終了することができます。

②ユニットがHP以上のダメージを受けた場合、そのユニットを「KO」します。

③「KO」したメイン・ユニットは裏向きにし、スタンバイ・ユニットと入れ替えます。

 ※メイン・ユニットについていたカードはすべて捨て場に置きます。

 ※ユニットが「KO」した側のプレイヤーが、メイン・エリアに出すユニットを選びます。

④相手のエリアのユニットをすべて「KO」させたプレイヤーがゲームに勝利します。

4. エンドフェイズ

①お互いにメイン・エリアのユニットの状態を確認します。

②自分のエリアのユニットが「レスト」または「スタン」の場合、[じゃんけん]を行います。

 勝った場合は「レスト」なら通常状態に復帰させ、「スタン」なら「レスト」に状態を変更します。

③自分のターンを終了し、 相手のターンのドローフェイズを開始します。

●ユニットの状態について

G2_06_HP_OL画像書き出し用-06.png

●ダメージ計算のしかた

[スキル]で与えるダメージは以下の順番で計算してください。

G2_06_HP_OL画像書き出し用-07.png

Q&A

Q1. カードNo.01「アザゼル他」のスキル「フラッグアタック」は、じゃんけんをして負けた場合、相手にダメージは与えられますか?

A1. はい。じゃんけんに勝てばダメージを2倍にする効果なので、負けた場合は数字のままのダメージになります。

Q2. カードNo.01「アザゼル他」のスキル「フラッグアタック」は、カード「連携技」をセットしている時に、フラッグアタックを使いじゃんけんに勝ちました。相手にダメージはいくつ与えられますか?

A2. ダメージは①スキルダメージの計算、②ダメージを変更する効果の計算、③有利不利の計算の順で計算します。

まず、じゃんけんして勝った結果の200×2の400ダメージの計算の後、

セットカードの200ダメージアップの効果を適用し、600ダメージ与えることができます。

Q3. カードNo.01「アザゼル他」のスキル「フラッグアタック」はエネルギーが4枚以上ついていても、コスト3の技は使えますか?

A3. 使えます。

Q4. カードNo.02「アスタロト他」のスキル「スターディマインド」には、エネルギーを任意の枚数捨てて、とありますが、捨てたくないです。

A4. 任意の枚数なので、0枚捨てることを選択できます。

Q5. カードNo.02アスタロト他」のスキル「カルティベイト」は、相手の手札が1枚しかない時に、相手は手札を2枚捨てる効果は使えますか。

A5. 使えます。効果は可能な限り解決されますので、相手は手札を1枚捨てます。

Q6. カードNo.04「ア・プチ他」のスキル「ミトナルルーラー」は、相手にスタンバイ・ユニットがいない場合、メイン・ユニットに100ダメージ与えられますか?

A6. できません。相手にスタンバイ・ユニットがいない場合スキルの効果は不発となります。

Q7. カードNo.11「ガーゴイル他」のスキル「支援工作」の、味方のユニット1体にチャージする。(通常のチャージに加えてもう一度チャージする。)とはどういう意味ですか。

A7. 常チャージは1ターンに一度しかできませんが、そのターンに一度チャージを行っていても、

スキルを使用した際もう一度、手札からカードを1枚エネルギーとしてユニットにつけた後、1ドローすることができます。

Q8. カードNo.17「サマエル等」のスキル「インタークシケイト」は、デッキの中にユニットが1枚も無い場合は、どうすればいいですか。

A8. デッキの中は非公開情報なので、出せるカードが無かったことを宣言し、デッキをシャッフルして効果を終了します。

Q9. カードNo.23「玉藻前等」のスキル「変化」は、自分のスタンバイ・ユニットがいない時に変化の効果でこのカードがKOした場合どうなりますか。

A9. エリアのユニットがすべてKO状態となるためゲームに敗北します。

©2021 EXNOA LLC